明るい清潔なトイレで金運と健康運アップ

金運アップHOMEへ

トイレは明るさ、清潔、温かさが金運アップの風水の基本 


トイレは金運を大きく左右する所


トイレはとかく汚れやすい、すなわちマイナスの気がたまりやすい場所なので、清潔さがなにより大切です。いつまでも掃除をしないでおくと、金運だけでなく健康運も損なわれてしまいます。

風水では「北東」の方角は鬼門であり、「日が当たらない暗い場所で、水場には適していない。」とされています。

したがって、トイレや風呂場は作らないほうがよいのですが、設計上どうしてもその方角に作らざるをえない場合は、冷えや汚れをなくすようにこころがけましょう。


トイレは清潔なことはもちろん大切ですが、もともと陰の気を持っている場所なので、明るく、温かさを感じさせるトイレにしましょう。

冷えを感じさせるなら、冬場は暖房を活用するのも一つの方法です。

家を建てるなら、必ず窓を設置し、もしすでに家のトイレが窓がないのなら照明や壁紙だけでも明るくすると気はずいぶん変わります。

さらに、悪い気を吸収する観葉植物やトイレを明るく感じさせる絵などを飾るのもよいでしょう。

また、手を拭くタオルやトイレマットの色も明るく、清潔そうなものを選んでおきましょう。


ここで、特に気をつけたい点は、常にトイレのふたは閉めたままにしておくということです。開けたままにしておくと陰の気が放出されてしまいます。

事実、お金に困っている家ほど、トイレのフタが開いたままになっていることが多く、お金持ちの家は、ほとんど例外なく閉っています。


便器だけでなく、トイレマットやスリッパ、床などが汚れていないかチェックしましょう。
また、スリッパがないトイレもよくありません。トイレの気が部屋や廊下に放出され、金運が下がってしまうからです。


また、本などを読むのもよくありません。昔から、風水では「トイレに長居をすると貧乏神に好かれてしまう。」という言葉があるように、陰の気を持つトイレは長時間いるべきところではないからです。

風水金運アップメニュー
お問い合わせフォームはこちら         

    サイト運営者 風水研究家 豊 連幸

    プライバシーポリシー